自己破産 会社 バレる

自己破産は周囲に知られずにできるのか

返済に行き詰まって頭をかかえる

 

自己破産は会社にばれるのかと不安を持っている人も多いようです。

 

しかし、自己破産をしたからと会社に連絡されるわけではありません。

 

自己破産を弁護士さんなどに依頼することも多いのですが、家族にも内緒でこっそりやってくれることが多いです。

 

自己破産したら会社にばれる?

自己破産をすると会社や自宅に郵便物が届いてばれるのではないかと不安を持っている人も少なくないでしょう。
しかし、そんな心配は無用です。
郵送物や裁判所との連絡は全て弁護士さん経由です。

 

ただ、裁判所に最低1回は出頭する必要があるので休暇の申請が必要です。
理由は適当に作ればいいでしょう。

 

会社に連絡されることはありません

自己破産をすると「欠格事由」に該当する場合があります。
仕事に制限が生じるのです。

 

ただ、破産手続が始まってから手続がすべて終わるまでの期間だけです。
また、該当する仕事にしていても、会社をクビになることはありません。
もちろん裁判所から勤務先に連絡するようなこともないです。

 

つまり、自己破産を開始しても誰にもわからない、会社にも親にもバレることはないのです。
借金の督促を放置して裁判沙汰になり、消費者金融などが勤務先で給料の差し押さえをする方がはるかに問題になります。

 

こっそり自己破産する人も多いです

このように自己破産は誰にもバレずに実行できます。
職場は当然のこと、家族にも内緒に実行可能です。
債務整理を専門にしている弁護士さんは、このあたりのコツをよく知っていますから、家族にも内緒でやりたいと言うのであれば相談するといいでしょう。

 

自己破産をすると官報に載ります。
ただ、官報をじっくり見ている人は多くありません。
自己破産をする人の数は少なくなっていますが、自己破産の手続を一気に処理するため一度に多くの掲載がされます。
いちいち見ている人などいません。

 

24時間専門家に相談できる

借金無料相談バナー

 

自己破産以外の解決策もある

お金が足りなくなった

 

ただ、自己破産は官報に載ってしまうデメリットがあるため、できれば避けた方が賢明でしょう。
見ている人はいないとしても、最近の官報はデジタル官報なので自己破産の事実が永遠に残るからです。
債務整理を多く手掛けている弁護士さんは自己破産を安易に勧めません。

 

できれば避けたい

このように自己破産はできれば避けたい方法であり、いわば「最後の手段」としての位置づけにあります。
弁護士さんとしても、依頼者の将来を考えれば自己破産をさせて官報に残るより、時間とともに事績が消えてしまう他の方法を採りたいと考えることが多いです。

 

最近は自己破産を裁判所に通って自分でやってしまう人も少なくありません。
しかし、その人たちのどれだけがリスクを認識しているかはわかりません。

 

任意整理で対処できればベター

良心的な弁護士さんは自己破産を安易に勧めず、任意整理で対処できないかを検討します。
任意整理をすると信用情報機関に登録されますが、5年経過後には消去されます。
任意整理を勧めることが多いのはこのような理由です。

 

将来のことを考えれば、どちらがいいかは容易にお分かりでしょう。

 

自己破産のメリット

相談して解決へ向かう

 

とはいえ、任意整理に比べて自己破産には大きなメリットがあります。
債務がすべて免責されるので、返済義務が消滅するのです。
このメリットがあるため、自己破産をしたいと言う人が多いのです。

 

ただ、メリットだけではないことも事実なので、どの方法で債務整理をするかは専門家である弁護士さんに相談することが大切です。

 

24時間専門家に相談できる

借金無料相談バナー

 

借金が帳消しになる

自己破産をすると借金の支払義務がすべてなくなります。
官報に載るデメリット以上のメリットがあると考えられているのはこの点です。

 

今まで苦しい思いをして支払い続けていた借入金の返済がなくなりますから、破産手続が終わって免責されると目の前が急に明るくなったような気になります。
支払がなくなることで生活が好転するため、気になる弁護士さんへの支払も余裕でできます。

 

最低限の財産は確保できる

ただ、自己破産をすると財産を全て没収されると言われています。
とはいえ、本当に無一文にされることはなく、必要最低限の財産を残すことができます。

 

現金や預金も100万円未満であれば没収されませんし、自動車も古ければ問題視されません。
弁護士さんがその辺りの判断をしてくれますから、聞かれたら正直に答えることが大切です。

 

自己破産後の生活

明るい方向へ進む

 

自己破産をすると信用情報に登録されるだけではなく官報にも掲載されます。
そのため、クレジットカードなどはすべて解約させられ、カードローンもすべて解約です。
日常生活に支障が生じることは否定できません。

 

ただ、最近はデビットカードが多くなっており、ネットバンクは最初からデビットカードが付いている事も珍しくありません。
デビットカードにはVISAなどのマークがあることでお分かりの通り、クレジットカードのように利用できます。

 

できれば転居も考えたい

自己破産をすると官報に自分の住所と氏名が掲載されます。
これは結構面倒なことで、詐欺師やヤミ金がこれを狙ってダイレクトメールを出したり、自宅に来ます。
急に訪問者が多くなったり、郵便物が山のように届いたりします。

 

弁護士さんはこのような事情を知っているため、自己破産後は転居することを勧めている方もいるようです。

 

弁護士さんの指示に従いましょう

自己破産を自分でしてしまう人も少なくないようですが、非常に危険です。
先ほど述べた通り、自己破産にはリスクがあり回避できるなら避けたほうがいいためです。

 

また、自己破産後の生活も弁護士さんの指示を聞いてその通りに暮らすことが大切です。
こうすることでスムーズに自己破産後の生活が可能になり、会社にもそのまま勤め続けることが可能になります。

 

24時間専門家に相談できる

借金無料相談バナー